投稿

【オリジナル】島津 義則(パワプロ2018 第5回合同リクエスト企画)

イメージ
打点乞食界の皇帝
島津 義則 登場作品:オリジナル(合同リクエスト企画)
※チームプレイ○を保有

1.選手概要
今回のお題は
『名前、島津善則(しまづ よしのり) ポジション:おまかせ 利き腕:右投げは確定 説明:現役時代に2年連続でタイトル二冠を達成するなどチームを牽引した。 しかしたび重なるケガから活躍できたのはこの2年のみ、実働5年で8年目に引退。 在籍中チームは2度の優勝に輝くもののどちらも一軍での登板はなく終わっている。 このOB選手のタイトルを獲得した年を作成お願いします。 タイトルについて例えば、打者であっても打率本塁打打点の3つとは限りません、お好みでどうぞ。 希望する特殊能力はケガをD以下でお願いします。』
というもの。

解釈として
『タイトル二冠は、《打点王》と《勝利打点王》。勝利打点のタイトルは80年代後半に廃止されたそうですが、彼はあくまでもOBなので昔のタイトルでも可と解釈。
ランナー無しのときは並の能力でアヘアヘと打撃をしていますが、ランナーが得点圏に進んだ途端に人が変わったように打ちまくる。特に試合の勝負所に異様に強く、強打や点取りのためのチームバッティングも鮮やかに実行して打点を積み上げていく姿から、《打点乞食界の皇帝》と呼ばれた。代打の切り札からレギュラーに定着していくと冗談のように打点を稼いでいった。反面、守備には難がある』という設定。
『登板』とあったが意地でも投手を作りたくないので(南国コノヤロウ)、野手としました。

2.能力査定
ランナー無しだと打率.270ぐらいになるようにミートパワーはDC。
チャンスに異様に強くなるように、青特も揃えました。
ヒット打たずとも犠牲フライやゴロ打ちで打点を稼げるよう、チームプレイ○も付与。
隙なく打点乞食です。
ケガの影響もあり選手生命は短かった=プロ入り後短時間で戦力となった と考え、社会人を経てのプロと解釈しています。
あと勝利打点がタイトルだったと今回初めて知りました。

チャンスA、満塁男、チームプレイ○:打点王要素
逆境○、サヨナラ男:勝利打点王要素
ケガF:ケガで短い選手生命
送球E、盗塁E、エラー:打棒以外はちょっと微妙……というのを出すため

今回も企画に参加しました。
やはり楽しいですね(特に野手だし!)

3.企画参加者

Senさん:初めての方へ - senのパワプロ日記
82さん:

【グラゼニ】凡田 夏之介(高卒ドラフト版)(パワプロ2018再現選手 ドラフト用)

イメージ
山梨のナッツ 凡田 夏之介(高卒) 登場作品:グラゼニ
1.選手概要
所属球団:神宮スパイダース→ボストン・ブルーソックス→文京モップス→仙台ゴールデンカップス。山梨鶴見川高校から高校ドラフト最下位(5巡目)でプロ入りした8年目の選手。外見は元ヤクルトの佐藤賢に似ている[17]。主に中継ぎのワンポイントで起用されるが、ロングリリーフや谷間の先発を任されるなど重宝されている。球界でも限られた左のサイドスローという希少性を活かし、どうにか1軍に在籍し続けている。(W完コ
2.能力査定 パ版はこちら セ版はこちら

高卒ドラフト時の能力を想定。
厳密には高卒時にはサイドスローではありませんでしたが、パワプロでは設定しとかないとサイドに転向することもないと思うのでそう設定。
成長していけば、セ版やパ版になるような形にしました。


【ヤクルト引退選手キャリアハイ版】館山 昌平(パワプロ2018再現選手 実在)

イメージ
不屈のエース 館山 昌平(東京ヤクルトスワローズ 大卒7年目) 実在選手 キャリアハイ版 ※テンポ○を保有

1.選手概要
度重なる故障を乗り越えてきた不屈のベテラン右腕。昨季は開幕ローテーション入りを果たすも防御率6点台と結果を残せず、5試合の登板にとどまった。不退転の決意で臨む今季は力強い速球を取り戻し、3年ぶりとなる白星を手にしたい。度重なる故障を乗り越えてきた不屈のベテラン右腕。昨季は開幕ローテーション入りを果たすも防御率6点台と結果を残せず、5試合の登板にとどまった。不退転の決意で臨む今季は力強い速球を取り戻し、3年ぶりとなる白星を手にしたい。(スポナビ完コピ

2.能力査定
2009年、2010年あたりの能力を想定。(2009年最多勝なので)
過去のパワプロを参考にしつつ、ちょっとアレンジしました。
シュートにするか、ツーシームにするか迷いましたが、変化球がT字型になってるエースが好きなのでシュートに。
打撃も良いので、FFぐらいにあげています。
ちなヤクになったのは最近なので、全盛期の姿を見ていませんが、映像を見るに素晴らしい投手でした(今のヤクルトに欲しい)
ペナントにぶっこんで全盛期館山を堪能しよう! 館山選手、お疲れさまでした。

【グラゼニ】凡田 夏之介(神宮スパイダース版)(パワプロ2018再現選手 架空プロ選手)

イメージ
小心者のグラゼニ男 凡田 夏之介(神宮スパイダース プロ8年目) 登場作品:グラゼニ

※積極守備を保有
1.選手概要 所属球団:神宮スパイダース→ボストン・ブルーソックス→文京モップス→仙台ゴールデンカップス。山梨鶴見川高校から高校ドラフト最下位(5巡目)でプロ入りした8年目の選手。外見は元ヤクルトの佐藤賢に似ている[17]。主に中継ぎのワンポイントで起用されるが、ロングリリーフや谷間の先発を任されるなど重宝されている。球界でも限られた左のサイドスローという希少性を活かし、どうにか1軍に在籍し続けている。(W完コ
2.能力査定 パ版はこちら ドラフト版はこちら 漫画の神宮スパイダース在籍時を想定。 パ版との違いは、 ・トミージョン手術前のため球速を漫画当初の最速へ変更。 ・手術前のためコントロールを微増(77→80) ・手術前のためケガを微減(F→E)(手術前もちょくちょくケガしていたため) ・回復適正を増加(中継ぎとして多投) ・変化量を減少(成長前という想定) ・赤特付与(漫画当初は『1軍半の選手』という扱いであったため)
軽い球:当初は被弾も多かったり『球威は大したことない』扱いだったため 負け運:先発時にとことん運がなかった 送球E:イップスを考慮(パ版で再現してないことには触れない)

【ヤクルト引退選手キャリアハイ版】畠山 和洋(パワプロ2018再現選手 実在)

イメージ
2015年打点王 畠山 和洋(東京ヤクルトスワローズ 高卒15年目) 実在選手 キャリアハイ版
※強振多用、チームプレイ○を保有

1.選手概要
豪快なフォームが特徴的なスラッガー。昨季も度重なる故障に苦しみ、出場は75試合止まり。3年連続で本塁打は1ケタにとどまった。今季こそ万全な状態で1年を過ごし、自慢の長打力を存分に発揮したい。(スポナビ完コピ

2.能力査定
初めて実在のプロ野球選手を作ったような気がします。
引退ということで、まずはお疲れさまでしたと、申し上げたい。
今回はキャリアハイの2015年の能力を再現。といっても、パワプロ2016のままです。
過去の能力を見ていくと、エラーまで付けられていた時代もあるのに、一塁手でゴールデングラブを受賞しているあたり、すごい選手だったのだなあと感じました(こなみ
ヤクルトファンになって日が浅いので全盛期の姿をこの目で見ていませんが、昨期はHRを何本か見ることができたので個人的によい思い出です。
お疲れさまでした。

【グラゼニ】凡田 夏之介(仙台ゴールデンカップス版)(パワプロ2018再現選手 架空プロ選手)

イメージ
グラゼニ男、パへFA。 凡田 夏之介(仙台ゴールデンカップス プロ15年目) 登場作品:グラゼニ

1.選手概要 所属球団:神宮スパイダース→ボストン・ブルーソックス→文京モップス→仙台ゴールデンカップス。山梨鶴見川高校から高校ドラフト最下位(5巡目)でプロ入りした8年目の選手。外見は元ヤクルトの佐藤賢に似ている[17]。主に中継ぎのワンポイントで起用されるが、ロングリリーフや谷間の先発を任されるなど重宝されている。球界でも限られた左のサイドスローという希少性を活かし、どうにか1軍に在籍し続けている。(W完コ 先発投手として活躍したい思いから、FA宣言してパ・リーグへ移籍した。
2.能力査定
セ版はこちら ドラフト版はこちら

ということで、パ・リーグ版凡田です。 パ・リーグ編では先発投手として活躍しており、また作品当初の欠点が克服(忘却)されているので普通にいい投手になっております。 コントロールは彼の生命線のためB77。トミー・ジョンの影響もあるだろうということで高めのBにとどめております。 スタミナは調子次第で完投できそうなレベルに。 変化球は原作で使っているうち、「左のサイドっぽい」球種を選択。 成長タイプも超晩成なのでここからまだまだ活躍を期待できそうです。 このあと当初版(セ版)凡田と、ドラフト用凡田を作っていきます。
あと文京モップスへ移籍後からヒゲ剃っているのでそこも再現。勘違いで普通にヒゲあったので追加しておきました。
対左B:左のワンポイントの名残 ノビC:トミー・ジョン後は回転数やノビが向上したという描写から 勝運:10勝0敗やら味方援護で勝利やら、先発になってから多いため 低め○:精密なコントロールを再現 対強打者:「グラゼニ」体質の再現 ケガF:トミー・ジョンの影響

【トクサンTV】アニキ(平山 勝雄)(パワプロ2018再現選手 ドラフト用)

イメージ
鉄人草野球ピッチャー 平山 勝雄(大卒) 元ネタ:トクサンTV(Youtuber)
※人気者を保有



1.選手概要 神戸大学の元エース。公式時代は最速147キロを記録する速球派だった。社会人となってから草野球に参加し、長きに渡り投手として活躍。すでに四十路でありながら、軟式ボールで140キロを記録するなど鉄人っぷりを発揮。トクサンTV内でも存在感を見せつけ、特に投手論については人気が高い。

2.能力査定 以前制作したのはベテランの想定でしたが、今回は大卒直後を想定しています。 動画ではチェンジアップは草野球になってから投げ始めたと言っていたので、チェンジアップは除外しています。(ツーシームもそうだったかもしれませんが能力値的に3球種にしておきたかったので残しました) 調子安定は、長い投手経験を持つ故の能力ということで、この大卒版では除去しています。 ペナントでアニキを育成しまくろう!
牽制○:昔から牽制は上手かったそう 四球:PLAYで成績見ると四球が最も多い+動画での印象から。あと若かりしころなので赤特は入れたかった